联系我们
現在位置: ホームページ » 生活情報 »

生活情報

八公山の下で千年の豆腐の魂を伝承します:1世代の“豆腐の王”の創業の道を覚えます

2019-10-06     182

紹介:国家歴史文化名城寿県城北八公山麓、ここは世界初の豆腐の誕生地であり、中国の輝かしい豆腐文化の発祥地であり、この不思議な土地で、安徽八公山豆製品有限公司の一行が顧永忠会長の指導のもとで豆腐工芸を継承し、豆腐文化を発揚し、全省で上位の豆製品企業を創造しました。寿県のために、六安のために、安徽のために栄誉を勝ち取りました。表彰を勝ち取り、知名度を高めました。
考えがはっきりしている。
八公山の下には2000年以上の豆腐生産の歴史がありますが、様々な原因で八公山豆製品はずっと規模を形成できなくなり、生産経営が悪化しています。会社の会長の顧永忠は本籍の寿県で、合肥で対外貿易の服装の業務に従事して、八公山の豆腐に対して心にとどめる記憶と独特な感情を持っています。彼は心の中でひそかに誓いを立てました。祖先が残した宝物をこのように音もなく消えてなくならないように。
2002年、外国貿易の服装が日中のように経営されている時に、寿県で投資政策の呼びかけを受けて、彼は断固として心から愛している事業を放棄して、家族を挙げて故郷に帰ります。彼は十分な調査研究の基礎の上で、豆腐と豆の製品を選んで、このは現地の特色と深い文化の伝統に富んでいる業界の投資の発展を代表することができて、寿県八公山の特色の豆の製品を外に寿県の1つの窓口と麗しい名刺を宣伝することに作り上げることを志します。
顧永忠さんはまず木のブランドに力を入れて、自分で考えて、また知恵を集めて、「八公山泉」の漢字を有機的に円形の商標図案に組み合わせて、企業イメージのブランド標識として、豆腐、豆腐乳、豆腐干、豆板醤、緑豆白皮などを企業の主導製品として設計しました。科学的な管理を追求して、現地の同業のために模範を立てる”を企業の使命として、“先端技術、優良品質の製品と科学的な管理で、顧客のために良好なサービスを提供して、顧客の期待を満たして越えます”を確立して企業の核心の価値観にして、消費者の満足を“八公山泉”の最高の標準にします。
十年来、企業は無から有まで、小から大まで、製品は単一の豆腐から百種類近くの豆製品まで発展しました。製品は京、津、上海、蘇、浙江、贛、魯、豫及び当省によく売れています。2008年、八公山豆腐は国家無形文化遺産の申請に成功しました。事実は、顧永忠会長の当初の選択が完全に正しいことを証明しています。
企業の新しい文化を建設する
会社の門に入ると、ここは大豆製品加工企業だけでなく、文化企業でもあることが分かります。企業に入って景園に入りました。広々とした松で天を持ち上げ、大きな石を抜いて、青々とした草や青々とした花を点々と植えて、古漢闕式の門楼、豆腐の聖地の石刻、ちょろちょろとした流泉、ゴロゴロと音を立てている石臼、大きな淮南王の壁の画面は、企業文化の雰囲気を表していません。帰る。
従業員の文化素質、思想素質、専門知識と操作技能を高めるために、会社は毎年専門教師を雇って従業員を集中的に育成訓練を実施しています。従業員の文化生活を活発にするために、会社はよく卓球、バドミントン試合、カラオケ、技術闘技などの活動を行います。会社は毎年また県の内外の有名な書画家を招待して迎春書画の筆会を催して、彼らはあるいは詩を授けて、あるいは書道、あるいは絵を描いて、詩情の画意は紙の上で躍り出て、会社のために貴重な墨宝を残しました。
会社は9回連続で中国豆腐文化祭に参加しました。6回連続で上海農業展示会に参加しました。展示会に参加することによって、豆製品業界の市場相場を知るだけでなく、企業の優良品を展示販売しました。そして、多彩な企業文化を展示しました。2010年上海万国博覧会安徽周テーマ博覧会で、会社の製品は豆の種類の唯一の金賞を獲得して、授賞式の上で、会社の理事長は中央テレビ局などのいくつかのメディアの取材を受けて、企業の知名度と名声度を拡大しました。
2010年、会社は豆腐の文化の内包を掘り起こすために、名家に2枚の絵画を創作してもらいました。西漢淮南王劉安と蘇飛、李尚など八公論を生き生きと再現しました。200万元近くを投資して、400平方メートル余りの「中国豆腐文化展覧館」を建てました。館内では豆腐の起源と発展を紹介し、豆腐の伝統工芸の流れと原始的な豆腐の製作道具を陳列し、市場から集めた色の多い豆製品を展示しています。長寿県の長い歴史、輝かしい文化、経済と社会の発展の変化を展示しています。豆腐文化館の建設は社会各界の人々から好評を得ており、現在はすでに省内外の観光客3万人余りを接待しています。
今の安徽八公山豆製品有限公司は発展を待っています。中華文化と美食文化を伝承する新しいページを作りたいです。会社は未来に計画しています。