联系我们
現在位置: ホームページ » 生活情報 »

生活情報

グルコース酸カルシウム亜鉛内服溶液は副作用がありますか?

2019-10-06     92

グルコース酸カルシウム亜鉛経口投与溶液には副作用がありません。ブドウ糖は生命活動に不可欠な物質であり、体の中で直接代謝過程に参与します。消化管では、ブドウ糖は他の単糖よりも吸収されやすく、吸収されてから直接人体の組織に利用されます。糖尿病の人を除いて、ブドウ糖は副作用がありません。薬理作用:体内の水分と糖分を補い、体液を補い、エネルギーを供給し、血糖を補い、強心利尿、解毒などの作用があります。適応症:その5%の溶液は等の浸出液で、各種の急性中毒に用いて、毒物の排泄を促進します。10%~50%は高溶液で、低血糖症、栄養不良、または心不全、脳水腫、肺水腫などの治療に用います。ブドウ糖は体に必要なエネルギーの主要な源であり、体内で酸化されて二酸化炭素と水になり、同時に熱量を供給したり、グリコーゲンの形で貯蔵したりして、肝臓の解毒機能を促進し、肝臓の保護作用があります。